5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

――再生へのプロセス step5――

16 :リリン ◆111HBuO8jI :04/04/04 21:10
あのね。「ニーチェとの対話」っていうのが講談社現代新書であるの。
もう70年代から十数刷り重ねてて。僕はここからはいったんだけど。
著者がニーチェ翻訳家・研究家としてたぶん日本で第一人者くらいの
西尾幹二で、2ちゃんでもたぶん同様の評価です。以前みたけど。
講談社現代新書レベルなので読みやすいし、ニーチェ論ではなくツァラツゥストラ
をみて折りに触れて感じることをまとめたみたいなことが前書きにあってでもそれが
ニーチェらしいみたいなことなの。「ニーチェに通じる直接の叙述はない、実り多き不安を
残すことが」なんたらとかいうのを引いてて。学者趣味な解釈じゃないの。
僕はねここに引かれてるのは暗誦できるくらい読んだよ。ニーチェの言葉の背景には音楽があるけど
その高揚した感じと警句型の強い文章とその底にある凪のような穏やかさ、弱々しさがいい具合です。
特に強者、弱者のありかたが見える気がするの。これは個人的な見方なので他人に共有されるものか
わからないけど。一度みてみて。

327 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)