5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お前ら、漢方で治りますが何か?その5

1 :和田東郭:04/04/30 01:04 ID:EzymlVEI
腕のイイ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
漢方医にかかれば、すっかり治りますが何か?ゴルァ!?(゚Д゚)

アトピーの漢方に対する知識向上と情報交換の為のスレッドです。
基本的にsage進行・関係のない書き込みはご遠慮願います。

質問はスレ保管庫の過去スレに眼を通してから。
答える人は場が荒れないような書き方を心がけましょう。

荒らし・宣伝・広告・誹謗中傷は放置。
いかなる理由であろうと、それに反応したアナタも荒らしです。
あなたに有益な情報が得られますように。

その他は>>2-10の辺りを参照。

2 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 01:05 ID:EzymlVEI
おまえら、漢方で治りますが何か?
http://life.2ch.net/test/read.cgi/atopi/1030848899/150
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/5868/th01.html(cache)



お前ら、漢方で治りますが何か?その2
http://life.2ch.net/test/read.cgi/atopi/1044195848/150
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/5868/th02.html(cache)


お前ら、漢方で治りますが何か?その3
http://life.2ch.net/test/read.cgi/atopi/1058181780/l50
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/5868/th03.html(cache)

お前ら、漢方で治りますが何か?その4
http://life4.2ch.net/test/read.cgi/atopi/1069762680/


【 過去スレ・テンプレ保管庫 】
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/5868/

3 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 01:05 ID:EzymlVEI
【 基礎知識 】(※中医師氏コメントより抜粋)

◆ 四診 ◆

望診→舌などをみて視覚で判断  
聞診→患者の声や臭いで判断  
問診→患者の訴えを聞き質問し判断  
切診→患者の体に触り判断・脈診、腹診など  

この4つの診断を合算し 生薬構成や薬方が決まる

正治(逆治)  : 「寒はこれを熱し、熱はこれを寒す」こと 反治(従治)  
           「寒はこれを寒し、熱はこれを熱す」こと。

瞑眩〈メンゲン〉 : 一時的な下痢、嘔吐、嘔気、発疹、発熱、鼻出血、
          子宮出血などがそれで、  
          有害作用との鑑別が、ときに困難な場合がある。  
          瞑眩と呼ばれる現象は発汗剤、下剤、催吐剤などに多いと思われる。  
          柴胡を含む処方も、ときに「胸苦しい感じがする」という場合がある。  
          通常服用を始めて1週間以内に出現することが多く、
          その後急速に快方に向かう。

4 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 01:06 ID:EzymlVEI
【 FAQ 】

Q: 漢方にもステロイド様の作用がある生薬もあるそうなのですが、
    ステロイドを塗ってやめたときにでるようなリバウンドは考えられますか?

A: ほとんどの処方に含まれている甘草(カンゾウ)には、有効成分として  
   グリチルリチンが含まれています。このグリチルリチンにはステロイド様の  
   作用がありますが、あくまで「様」であり、ステロイドと同じ物ではありません。  
   よってステロイドのようなリバウンドはありません。

5 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 01:06 ID:EzymlVEI
基礎知識 】(※中医師氏コメントより抜粋)

◆副作用◆
副作用とは、ある薬に期待した薬効以外の「好ましくない」作用のことであり、  
いくら自然の生薬であっても副作用は起こります。
一番経験するのは「地黄」による胃もたれです。

まあこれも「縮砂」や「枳実」といった生薬を配合することで軽減することは可能なのですが。  
漢方薬の場合、この様に副作用を出来るだけ起こさないようにするテクニックを  
長年の古人の努力で蓄積して来たに過ぎません。  

むしろ毒性については、人工より天然の方が強力なものが多く、  
未だにモルヒネを超える鎮痛剤は存在しませんし、
フグ毒のテトロドトキシンの毒性は驚異的です。  

「自然の物だから大丈夫」という観念は捨ててください。


◆誤治◆  
副作用と良く混同される概念に、誤治があります。  
これは「熱証」の人に「熱を加える生薬」を投与することなどです。
診断または治療の間違いです。
のぼせや怒りっぽいなどの症状に、「人参」を多量に投与すると
悪化します。
これは副作用ではなく、誤治です。

6 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 01:07 ID:EzymlVEI
【 基礎知識 】(※中医師氏コメントより抜粋)

気には「固摂」と言う働きがあり、身体を引き締めています。
血管から血が漏れたり、汗が勝手に出たりしないのはこの働きのお蔭です。
陰虚であれ陽虚であれ気虚であれ、気の固摂が低下すれば、
舌は腫れ、歯痕がつきます。
「痰湿」が多くても同じです。
この場合は舌がむくんでいるのです。

身体の正常な水分を「津液」といい、身体を潤したり栄養したりしています。
一方、「痰湿」は余分なだけでなく、これらの働きをしません。
単純に言えば腐った水と同じなのです。
田畑に水が沢山あっても、腐っていれば作物は育ちません。

腐った水があるため、正常な水を注いでも、作物は水を吸収できません。
これと同じことが身体でも起こり、アトピーの方ですと、特に皮膚に顕著に起こります。
それで皮膚が栄養されないのでもろくなり、引っかくとジュクジュクした水が出るのです。
痰湿があるのに皮膚が乾燥するのは、痰湿と「風」が合わさるからです。
これは一度水にぬれてから風に当たって乾燥した紙を思い浮かべてください。

元々の紙よりカサカサになるでしょう?
これと同じことが皮膚で起こるのです。

7 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 01:07 ID:EzymlVEI
【 基礎知識 】(※中医師氏コメントより抜粋)

◆「風(外風・内風)」の概念◆

1・ 軽揚開泄  軽は軽い。揚は揚がる。
つまり性質は軽くって物を浮き上がらせる働きがあります。  
風に乗って凧が  揚がるのと同じです。  
これが身体に作用すると、上半身や皮膚に症状が出る事になります。  
一番解かり易いのは風邪の時の頭痛・鼻水・発熱などですね。  
開泄とは身体の穴(中医学ではキョウ)を拡げて、体液を漏らす作用を言います。
風は少しの隙間でも入り込み、隙間を拡げるからですね。  
これも風邪の時、鼻水が出たりします。

2・ 風邪は万病の元  
先にも書きましたが、
風は少しの隙間でも入り込むので、他の邪の先導役になります。  
寒邪や湿邪をつれて、身体に入り込む主導的な邪になります。

3・ 善く廻り、しばしば変ず  
風は吹いたり止んだり、急に吹く方向を変えたりしますので、  
身体に入り込むのも急に入  り込み、症状も急に変わったりします。  
脳卒中という言葉も、本来は卒中風といい、卒は急に、中はあたる、風は  
風邪のことで、急に風邪に中ったことを言います。
また、痛む所があちこち移動するのも風邪の特徴です

4・ 風邪は物を動かす
風が吹くと草が揺れるように、風邪(特に内風)があると、  
身体がけいれんしたり、震えたりします。

5・ 風邪は痒みを起こす
身体に風が当たると皮膚がなでられるような感じを受けますが、
これと同じように、風邪は痒みを起こします

8 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 01:08 ID:EzymlVEI
【 基礎知識 】(※中医師氏コメントより抜粋)

内風が何故起こるかについては、 体内に何らかの熱がある場合に
内風が起こるとされています。

これは火を燃やせば風が起こるのと同じですね。
漢方薬を服用して身体が痒くなったのであれば、
一番考えられるのは、アトピーの方の場合、
体内は冷えて(裏寒)体表は熱(表熱)を持っている場合が多いのですが、
先ず裏寒の治療の為に体内を温める処方を服用し、体内が暖まった為、
内風が起こり痒みが起こったものと考えられます。

肘・膝は胃の冷えが出やすい所です。子供は陽体ですので、
簡単に裏(まあ内臓ですね)が冷えることはありません。
ですので、胃が冷えると直ぐに胃と関係する肘・膝などに症状が出てきます。
この場合は胃の冷えによって生産された余分な水(痰や湿)が出てくる訳です。

顔は陽経が集まる所で、最も冷えに強い所です。
故に逆を言えば熱が集まりやすい所でもあります。
特に胃の経絡は顔面部を通りますので、
胃の熱が過剰になると顔に異常が出てきます。
思春期のニキビなどは典型例ですね。

大人の場合は子供に比べて陰体ですので、
裏が冷え、表が熱を持つことが多く、 ちょっとした内臓の冷えが
直ぐに熱に転化して体表に出てきます。
肉食・糖分の多い食事も関係していると思われます。

9 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 01:09 ID:EzymlVEI
【 基礎知識 】(※中医師氏コメントより抜粋)

黄耆には陽気を上げる作用がありますが、陽気そのものを増やす訳ではなく、
陽気の乗る「気」を増やす働きのある生薬です。
これを「補気升陽」または「升提」と言います。

桂枝湯は桂枝4・芍薬4・炙甘草2・生姜4・大棗4からなる処方です。
桂枝は脾や腎の陽気を強め、体表に発散させる作用を持ちます。

芍薬は桂枝と丁度逆で、脾や腎の陽気を体内に引き止める作用を持ちます。

生姜・大棗は脾や胃を強めます。
炙甘草は他の生薬を調和させると同時に胃を守ります。
この芍薬を6に増量した処方が桂枝加芍薬湯になり、
脾・胃・腎で増えた陽気を体内に引き戻す力が強く、 腹痛などに使用します。
桂枝加芍薬湯に膠飴20を加えた処方が小建中湯です。

膠飴は栄養があり、けいれんを抑える働きがあるので、
桂枝加芍薬湯にこれらの働きがプラスされ、
より体内を温める働きが強くなります。

黄耆健中湯は小健中湯に気を補う黄耆を加えた処方で、
小建中湯の適応症に加え、気虚がある場合に
使用します。
結論を言いますと、のぼせる事があるのなら黄耆健中湯は適応しないと思います。

黄耆の「升提」の作用がマイナスに働き、
のぼせがひどくなるおそれがあるからです。

10 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 08:49 ID:EiZ9kft2
1さん乙!!

11 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 09:05 ID:EzymlVEI
【 参考リンク 】
漢方薬の処方解説(初級)
ttp://www.goken.com/sy/syoho1.htm

漢方薬の処方解説(中医学)
ttp://www.lun-lun.com/syoho.files/index.html

弁証質問表(オンライン診断・目安程度)
ttp://www.linkclub.or.jp/~zhen-jiu/check.html

レポートとか
ttp://plaza2.mbn.or.jp/~yoshida/bath.html(入浴剤)
ttp://web.kyoto-inet.or.jp/people/kyoshida/atopy.htm(入浴剤)
ttp://www3.plala.or.jp/aruka/wanipage4.htm(和漢食)
ttp://www.aso-group.co.jp/aih/goannai/wakansyoku/wakaninfo.html(和漢食)
http://www.google.com/search?num=50&lr=lang_ja&q=マクロビオティック(生食検索)

日本臨床漢方医会
ttp://www.mmjp.or.jp/kampo-ikai/

漢方治療に詳しい日本の医療機関検索
ttp://www.holos2000.com/topic/topic_01.html


12 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 09:06 ID:EzymlVEI
◆関東方面

◆東京女子医科大学附属東洋医学研究所
-------------------------------------------
北里研究所東洋医学総合研究所 (港区)
太田病院附属大森中診療所(大田区)
あらいクリニック(秩父市) 東洋医学研究所附属クリニック(渋谷区)
救世軍ブース記念病院(杉並区) 日中友好会館クリニック(文京区)
京浜総合病院(川崎市) 東邦鎌谷病院(鎌ヶ谷市)


◆慶応義塾大学病院漢方クリニック
-------------------------------------------
あきば病院(千葉県蓮沼村)
大塚医院(新宿区)
表参道福澤クリニック(港区)
小岩クリニック(江戸川区)


◆北里研究所東洋医学総合研究所
-------------------------------------------
新宿海上ビル診療所つるかめ漢方センター(渋谷区)
東京専売病院(港区) 野村病院(三鷹市)
新宿海上ビル診療所つるかめ漢方センター(渋谷区)
春山上野診療所(台東区台東)
塩浜宮崎医院(千葉・市川市塩浜)
越口医院(千葉・市川市曽谷)
大友内科医院(埼玉・秩父市上町)

13 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 09:06 ID:EzymlVEI
◆中部方面
鶴田診療所(愛知・名古屋市南区)
つるた小児科(愛知・名古屋市緑区)
水嶋クリニック東洋医学研究所(長野・佐久市大字原)
町立ゆきぐに大和総合病院 和漢診療科(新潟・大和町浦佐)


◆関西方面

大阪漢方医学振興財団附属診療所
東洋堂土方医院 近畿大学東洋医学研究所附属診療所
東洋クリニック(三重・四日市市芝田)

14 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 10:07 ID:nglJQ2Yc
煎じの漢方って、1日3回飲まないとダメなのってある?
昼は、どうしているの?

15 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 10:13 ID:2sA8d5Gq
前スレ>994

前スレ992です。
かゆみがひどいのは黄色ブドウ球菌が肌にたくさんあるせい、とかいわれたりも
するので、肌にあうならイソジンなどで消毒するとか、お酢等をお湯で
薄めたものをかけるとすこしはかゆみがおさまるかもしれません。
(私は超酸性水をかけてかゆみが少しおさまったので、酸性の温泉にいけば、
かゆみがさらにおさまるかも、と思って、行って一気にかゆみがおさまりました)

それから 診察の際に「悪化してる」「夜眠れない」「かゆみが強い」など
状況を医師に説明してるよね?それでも、悪化し続けてるのなら、
医者をかえたほうがいいかも、とも思うんだが。



16 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 10:38 ID:EiZ9kft2
前スレ994です。

>15
黄色ブドウ球菌ですか、そういうことは全く考えたことがなかったので
さっそくやってみます。

状態は、先生にいつも報告しています。
夜眠れないとか、痒みが強いことに関しては訴えてますが
アタPやアレジオンを出してもらっていて
それによって漢方薬が変わるということはないです。
今は変えないほうがいい、と言われてます。

何でも話せる先生なのですが、
触診や、舌を診ることって今はほとんどないのです。
(最初の1ヶ月くらいは診ていた)
皆さんのお医者さんは、毎回診るんでしょうか?


17 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 11:06 ID:2sA8d5Gq
>14
私の掛かり付けの医者は、一日3回といわず、お茶を飲むように
一日何回でも飲め、と言ってます。
今はプーだけど、外出時はペットボトルや水筒に漢方を入れて持ち歩いてる。

>16
処方をどれくらい変えてないんでしょ?

私の場合、大体1月に一度診察をしてもらってるんだが、毎回、脈や舌などを診るよ。
ひどい患部も必ず診るし。診察の度に、漢方の処方もかわります。

18 :16:04/04/30 11:20 ID:EiZ9kft2
>17
かれこれ3ヶ月前から薬は変わってないです。
その前までの5ヶ月間は、2週間ごとに変えてたんですが
今の薬にした時に、一時期症状が落ち着いて、
肌に合ってるんじゃないかということで。

今は1ヶ月に1度の診療ですが、
肌をちょろっと見せて、先生が肌にちょっと触ってみるくらい。
脈も舌も診ませんねー・・
話を聞いて薬を出す、って感じで。

17さんはおなかも触診されてますか?


19 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 11:51 ID:JiFjaouh
少しずつ良くなってるよ(^^)ノ

20 :名無しさん@まいぺ〜す:04/04/30 12:10 ID:+tKesPNG
舌はまあ体調見るうえで必要かと思いますが、脈みたってアトピーには
関係ないからな〜。肌を診ないのは顔みるだけでも長年見てる先生はわか
るからかもしれんけど、ただの流れ作業になってんのかな。なんせ、
皮膚科ってのは他の診療科より人は多いし、時間のかかる処置とか多い
からすごい待たされるもんね〜。

21 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/01 01:27 ID:LVi9fenX
>>20
>脈みたってアトピーには関係ないからな〜。

そうなの?
うちの先生は毎回診るし、毎回カルテになんか書いてるけど・・・

22 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/01 22:34 ID:Ak6itCsO
脈証は中国医学では約28種類あるといわれます。(流派によってちがいます)
脈は舌証と共に今、体の中で何が起きているか?という病状(病態)判断に
かかせない四診の一つです。
毎回の話にはなりますが、漢方医学、中国医学、あるいは韓国の四象医学は
病名を対象に診断をしているわけではありません。
あくまで「証」という概念に対して処方を組みます。
そのあたりを、どうか誤解しないように、過去の貴重なやりとりを読んで
漢方医学、中国医学への正しい理解を深めて頂きたいと思います。

23 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/02 02:18 ID:Y7S2DY7e
うちの先生は症状がむちゃくちゃ悪い時期はより
症状おちついて体質改善の処方に入った時の方が
脈も舌も頻繁に見てる。
調子悪いときは季節柄の関係で(花粉でとことん悪化する)何やっても治らなかったからかもしれないけど・・・。

24 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/02 12:14 ID:lJr+CiQF
しかし必ず副作用がでるな
いろんな漢方試しているが足首と足の甲と手首と手の甲を
寝てる間にかならず掻き毟る
副作用のせいでアトピ広がった
他の部分は良くなってるんだがなあ

25 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/02 16:42 ID:5DaYKYEw
漢方、中医学においての副作用とは何でしょうか?
病人、一人一人の「証」が的確に診断され、「証」にあった、その人にあった
生薬が構成されれば、多くの人が快方に向かって行きます。
ですから、診断技術が未熟な医師に出会ってしまうと先行きは暗いものに
なってしまいます。
診断技術、臨床経験共に優れた医師でも、個人個人の体質すべてを把握する
ことは不可能です。そのときに、論理道理にはいかない症状が起きてしまう。
桂皮や桂枝などの発疹がよく起こる例です。
日本東洋医学会では、医師が予期せぬ症状を患者が起こしてしまうことを
副作用としているようです。
つまり、多くの患者にとっての不快な症状は医師の、漢方や中医学の独自の
診断法である「四診」の技術が未習であると言えるのです。
用語としては「誤治」などとも表現されます。
詳しくは、過去のスレッドをよ読まれることを希望します。

26 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/02 18:57 ID:aqvEEM8H
hoppyさんはじめまして☆以前hoppyさんが紹介されていた神戸のM医院にいこうかと思ったんですがM医院に電話したところ皮膚科ではなく漢方内科と聞いたんですが内科でもアトピーを診断してもらえるんでしょうか?

27 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/02 20:24 ID:JwqZj9QW
>>26
なぜM医院に電話したのに、アトピーを診てもらえるかを
聞かないんだよ・・・

28 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/02 20:51 ID:Xjk/q4j8
うちも内科とアレルギー科の先生に診てもらってるよ?

29 :名無しさん:04/05/02 21:04 ID:CtQhFuKh
喘息、アトピーには八仙丸を。日本漢方では根治極めて困難。

30 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/03 11:39 ID:JniDam69
>>26さん
漢方医学、中医学は血液検査や各種画像診断など西洋医学的検査法のない時代の医学です。
アレルギーによって起こる、皮膚の不快症状がその時代にもし、あったとしても一つの皮膚病変として
捉えられたことでしょう。
「そのような皮膚症状がなぜ現れるのだろうか?」と、病人の体や心情風景をくまなく観察することで
治療方法を決定し、生薬を組み立て処方してきたのが、漢方医学、中医学です。

ですから、西洋医学のように「病名」を付けなければ治療が開始できない、というわけではありません。
皮膚の不快症状が「血液の流れが滞っている(オ血)ために起きているのかも知れない」と診断された
のならオ血(おけつ)をとってやる薬方が処方されることでしょう。
同様に「オ血」が関与していると診断されれば、Aさんは冷え、Bさんは倦怠感、Cさんは頭痛を訴えて
いてもこの3人に同じ薬方が処方されるかも知れないのです。これを、“異病同治”といいます。
極端なことを言えば、病名を誤診しても「証」の判断さえ誤らなければ、治療に支障が起きないのです。

漢方専門の診療所には様々な病気、体の悩みを抱えた人たちが訪れます。上記のことから、診療科目の
標榜を気にしないで、医師を訪ねられてかまいません。
ただし、西洋医学の片手間に漢方エキス製剤を出しているような、自称漢方医には気をつけてください。
M先生は人柄、診断技術ともに信頼できる良医です。相性は仕方のないことですが、
安心して体を預けられます。

31 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/03 15:24 ID:RUKRFvxQ
hoppyさん詳しく教えていたたぎほんとにありがとう☆安心してM医院にいこうと思います。アトピーは皮膚科、アレルギー科で診るものとばかり思っていたので内科と聞き少し不安になったんですが安心しました。ほんとにありがとう☆

32 :24:04/05/03 16:19 ID:m73k55P0
俺今まで4人の漢方のひとに見てもらったんだけど
誤治というか良くなった部分と悪くなった部分が必ずある
4人のうち二人が中医の先生
最近見てもらった中国人の中医の先生が処方してもらったぜんじ薬
温清飲と消風散料 飲んで寝ておきたらひどくなった
三日我慢したが酷くなる一方なので
中医の先生ではないが病院の漢方の先生が出してくれてた薬に戻した
ビャッコカニンジントウ シシハクヒトウ 温清飲
全部ツムラ多少良くなるのだが全快には程遠い
一人の先生に絞った方がイイのだろうか
けど中医の先生保険きかないんだよなあ

33 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/03 19:23 ID:uxoCXZL1
>>24さん
医師の判断が違うことに悩まれる、これは多くの人が、ドクターショッピング
(この言葉は医療側の押しつけと私は解釈しています)をしていらっしゃることで一応の
理解を示すことができます。
では、24さんの病態が現時点で変わらないと仮定して(証の変化がないとして)なぜ
同じ医師で診断、しかも大切な服用すべき処方薬に違いがあるのでしょうか?
公平に見て医師の力量が同等だったすると(同じような教育を受けてきたとすると)、
そこには多分に哲学感や、文学的要素が絡み合います。それは、経験則や五感といった
人の体を見て(診ることでしか)判断がつかなかった叡智(変な言い方ですが)の災いとしか
言いようがありません。

つまり、個々人の臨床経験からはじきだされるものや、先人の言い伝え(口訣*くけつ)に頼って
いかなければいけない、科学的とは言えない要素を大きくもっている医学体系が
中医学や漢方医学だからです。


34 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/03 19:25 ID:uxoCXZL1
昨今ようやく、EBM(evidence-baced medicine)という科学的なデータから、漢方であっても生薬薬理を
明快にして行こうではないかという機運が生まれてきてはいます。しかし、何でも科学的論拠の前でしか、
医学が進行し明らかにならないというのも、代替医療が叫ばれ期待が高まる現在とは隔たりがあります。
こうなってくると個人の情報収集にも限界が生じ、ネットや名医を紹介する書籍に頼る、といった
確信の得ない半信半疑なことにも振り回されることになります。

ですが、医師個人の自信や判断に触れる権利が私たちにはあります。
「先生、私の体はどうなんでしょう?どうしてこんな皮膚になるのですか?今日はどんな治療をされるのですか?
どうして、どんな根拠でその○○湯なんですか?」など心にわだかまっていることを質問(打ち明ける)する
ことで、医師の人柄や自信の一端に触れることができます。あいまいな返答、患者を愚弄するような言葉、
それを聞いた時点で医師を変えるという人もいらっしゃるでしょう。
然るべき説明をきちんとされる医師ならば、帰り道に「診てもらってよっかった。また行こう」という気持ちにも
なるでしょう。どうでしょう?私たちは患者、病人ではありますが、医療というサービス業における“客”でも
あります。もっと堂々としてよいのではありませんか。

35 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/03 20:30 ID:gI1Hfyhv
あ〜、なんかずっともやもやしてた答えを聞いたような気がします。
上で書いてる者ではありませんがどうもありがとう。
しかし私の先生は比較的色々聞きやすい先生ではありますが、
漢方的にどうなんでしょうとはなかなか聞きづらいんだよな・・
具体的にどう聞いていいのかと言うのもあるし。
処方を見てネットでそれはどういう事なんだろうと調べてみても
確かに合ってる症状もあるんだけど、こんな症状はないなぁと
思ったりする事もあるんだよね。
でも今度勇気を持って聞いてみようかな。

36 :24:04/05/03 20:36 ID:m73k55P0
hoppyさんレスどうもです
自分が見てもらった先生は皆親切で甲乙つけがたしです
今見てもらってる中国の中医の先生は
漢方の教科書みたいなものを見せて
薬の効能の所を指差し「皮膚や自律神経に効くって書いてあるでしょ」
と説明します
病院の先生も説明はしませんが同じく教科書みたいなものを見て
処方を決めてましたそれで
「この組み合わせでいってみようか」と
どうやら手探りのようです
ただ中国の方はこっちが本場なんだからと自身満々でした

37 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/04 10:07 ID:LUI/b0cg
hoppyさん。
今度自宅の近くに病院が出来るのですが、そこに石川友章先生と田代佳子先生
という方が診療にこられます。このお二人は知名度はあるようですが、
実際の評判というか実力はどうなんでしょうか?

38 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/04 14:45 ID:ZddJS80w
>>37さん
5年前になるでしょうか。知人のお母様が、とあるクリニックを訪ねました。
訴えは「イライラ、不眠、めまい、肩こり、冷えのぼせ、頭痛…」など多岐にわたっています。
キャリアもあり、業界の要職もこなしているベテラン漢方医は、脈、舌、腹、を一通り診察し、簡単な
問診のあと4種類のエキス製剤の名前を提示しました。「冷えのぼせには○○散、頭痛には▲▲湯、
めまいには××湯…」といった具合です。薬方の合方には慎重にならないと、生薬の重複による過量が
体に悪影響を及ぼすこともあります。2002年5月には甘草の長期過量投与(6c)での心室細動や、
心不全を厚労省が報告しています。
さて、この時の甘草の量は8cになりました。製薬メーカーに勤務する知人は、甘草の量や薬方の出し方に
疑問を持ち、お母様を他院へ連れて行きました。そこでは、更年期障害による不定愁訴と診断されて、
「加味逍遥散」一方で症状が楽になっています。

東京都中央区八丁堀の〈八丁堀石川クリニック〉は5/1に開業しているようです。


39 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/04 17:01 ID:C4Ru8kxQ
すみません。ルールにあるように、さげていませんでした。
うっかりです。ごめんなさい。

40 :37:04/05/04 18:44 ID:LUI/b0cg
hoppyさん、有難うございます。
僕も自宅が八丁堀の近くなので、今月中に行ってみようと思っていたのです。
さて、hoppyさんが書いてくれた話は興味深いのですが、自分に
洞察力がないのでhoppyさんの意図が汲み取れませんでした。
後者の病院が、私が挙げた先生がいる病院なのでしょうか?
それとも前者ですか?
前者なら止めたほうが良いような気がするので。
すいません。

41 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/05 07:16 ID:xAyiZSmL
>>37さん
意地悪をしたような気分になってしまったので、もう一度レスさせてください。
31さんが名前をあげられた、M医院のような医療機関であれば「治療費を出すから是非行ってきて」
とも言いたくなるのですが…(笑 (なのでエピソードを紹介しました。判断はおまかせします)
石川先生とは面識がありますが、田代先生はありませんし心療内科領域での漢方治療を得意としている、
という話ぐらいしか知らないもので…。両先生とも師匠は日本漢方界古方派の長老、山田光胤先生です。

過去のスレッドでも書きましたが、東京都からでしたら経済的に余裕のある方は名古屋より西へ行って
中医学で診察をされてる先生方に診てもらって欲しい、というのが正直な気持ちです。
(漢方が駄目だと言うわけでなく、アトピー性皮膚炎のような複雑な病態には薬方単位の処方ではなく、
きめこまかな生薬構成での対応が近道と思うからです)
でも現実には、与えられた環境で対処するしかありません。ですから過去のスレで、皆さんがお住まいの地域で
漢方や中医学を勉強され、定評(私の元にある情報と資料で)のある医師のお名前を書かせていただきました。
また、良医とは思えない医師の批判をするつもりはないですし、したくないのでご理解ください。

37さんが医師を探していらっしゃるのなら、都区内でしたら下記の先生方を書かせていただきます。
漢方医としてもベテランですし、アトピー治療でもそれぞれ独自の心得をお持ちです。
2004年都区内として… 荒浪暁彦先生 花輪壽彦先生 村主明彦先生 
偶然3先生とも“彦”ですね。書いてみてびっくり!

42 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/05 09:08 ID:TMaKO4K8
一時期効いていた漢方が急に効かなくなった
いわゆる証が変わったからなのだろうか



43 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/05 19:56 ID:TJlU3UOd
漢方薬の服用に限らず、様々な治療の中では良い方向へ向かう時期と、
停滞したり後退する時期が自然と訪れます。私たちは生きている人間なのです。
生体としてのリズムや防御反応は自然治癒力を喚起するよい兆候であるときもあります。
その自己修復力が訪れた時に、薬の変更や休薬を促したり、簡単に「証」が変わったのだという
判断でせっかくの治癒機転を見過ごしてしまうことが多々、臨床の場面では見受けられます。
そういった未熟な医師の思慮でせっかくのチャンスを台無しにし、医者探しに羽を伸ばしてしまう
事例があることはとても不幸なことです。

「あなたは、安心して治ることのできる時間がきたのだ」と声にしてくださる医師に出会っていれば、と
思う症例もしばしば散見します。
結局は「運命なのかな」と、アトピー性皮膚炎で苦労し、悩み抜く皆さんと接する場で弱音を吐くこともあります。
人に頼るということではありません。医師という専門職であればこそ、もう少し私たちの日々の思いを
汲んではいただけないのか、と思うことしばしばです。

44 :37:04/05/05 21:21 ID:lzdPkmAk
hoppyさん、ありがとうございます。
hoppyさんが言いたいことが何となく分かりました。
自分は関西方面にはちょっと足を伸ばせそうにも無いので、
hoppyさんが前スレなどで挙げた病院などを参考にしてみます。

45 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/06 15:24 ID:tUi5yP97
>43
なるほど。すごい参考になりました。
単純に証が変わっただけじゃないんだな〜っ

46 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/06 17:35 ID:/1+86qVS
わ〜いhoppyさんがふかーつしてる
忙しかったんですかぁ〜
まっいいや。うちの子が最近すごく悪化してるのです
一時期落ち着いていたのだけれど???
小児科とかで漢方を処方してる先生はいますか???
教えてください。
あっ家は新宿です

47 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/06 18:55 ID:MN8CvbJ9


48 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/06 20:39 ID:OIg/uXoH
漢方始めてから、どうも体の乾燥度が激しくなってきてるように思う。
もしかしたら季節的なものによるものなのかもしれないが、なにか変。

49 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/06 21:17 ID:JPrSmUek
>48

私もそう。保湿が全然効かない感じ。
ちなみに飲んでるのは温清飲と食源。
ローションなんか塗った瞬間に乾燥してる。
意味ナシ。先生にこのこと伝えたんだけど
薬が効いている証拠らしい。
まだ初めて2ヶ月なんで様子見もあると
思うけどもう少し何とかしてもらいたいもんだ。

50 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/06 22:23 ID:P55qCKud
他力本願イクナイ

51 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/06 23:28 ID:pCZunPHQ
>hoppyさん
しかも花輪壽彦先生、村主明彦先生は同じ病院の先生なんですね。
アトピー治療にはどちらの先生がオススメですか?

52 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/06 23:36 ID:FbVWRRQ1
>>49
もともとジュクタイプだったの?
だから薬が効いてるってこと?
でも温清飲は潤いをあたえるタイプだよね、どっちかってーと。
私は温清飲で悪化(乾燥して真っ赤になった)したので、薬はかえられた。
その時に先生が「今までのよりも、少し強い成分が入ってるから、
あなたの身体には合わなかったかな」って言ってた。


53 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/07 12:27 ID:qxB6jjbW
>>51さんは37さんですか。
どちらの先生も師匠は同じ先生ですし、スタンダードな古方派の漢方医学を実践されているはずです。
臨床経験や研究などでの微妙な相違はあるかも知れませんが。
あとは51さんの感性で選ばれてはいかがでしょうか?幸い両先生のプロフィールや論文、随筆、顔写真などは
多数ネット上にあったはずですので選択の材料になると思います。
>>46さん
西洋医学の専門が小児科で漢方医をということでしたら、〈北里研究所東洋医学総合研究所〉の小児外来
(キッズクリニック)が好評です。
また、韓国四象医学の権威、曄小児科内科の広田先生も小児科学が専門です。四象医学独自の方剤が
喘息や湿疹などアレルギー疾患に奏功しているそうです。


54 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/07 14:03 ID:GwTP+8Zs
「温清飲」は“四物湯”の体内を温めて潤す作用と、“黄連解毒湯”の体表の熱を冷ます作用から
成っています。中医学的には「実熱血虚証」の人に有効です。実熱とは相対的に体熱が亢進した
状態であり、血虚とは字のとおり血の栄養滋潤が不足した状態を指します。
皮膚科領域で使用される場合、一般には慢性化した炎症が生む、乾燥や落屑、苔癬状などの
症候と栄養不良状態が使用目標です。

しかしながら、乾燥肌で悩むアトピー性皮膚炎の方では血虚を通り越し“陰虚”(血虚が進行すると
陰虚へと移行します。陰虚とは人体を構成する体液の不足と考えてください)に進んでいる場合が
あり、この場合、黄連解毒湯の清熱作用、化湿作用(湿邪と熱邪を除く作用)の影響を強く受けて、
肌が乾燥してきます。このように陰虚が明らかでありますから、さらに補陰薬などを配合し対処しなくては
なりません。また、血虚があり気虚を伴う場合には”血“は気の運行に乗じていきますので、気の不足が
お血状態を引き起こし乾燥してくる場合もあります。補気薬の配合をします。

アトピー性皮膚炎だから、温清飲や黄連解毒湯を処方するといった安易な使われ方が、特に一般
皮膚科では目立ちます。正しく「証」を明らかにして、さらに病態の進行に応じた加減法をする、
きめこまかな対応が望まれます。

55 :49:04/05/07 15:50 ID:v6bSSr8f
>52
ジュクジュクでも乾燥でもなく熱を持ったブツブツした
湿疹でとても痒かった。
カウンセリングした時に血液に栄養が行き届いて
ない状態ということで温清飲になった。
1ヶ月過ぎたとろに湿疹がおさまり気味に
なったんだけど乾燥が酷くなってきて
痒みも増してきた。湿疹は減ったものの
掻き傷だらけになった。
今度行く時に相談してみるつもりだけど
乾燥しすぎで辛い。



56 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/07 16:38 ID:EPyB0iUU
バカだな スレ読んでりゃ騙されないわな.
自己責任たよ.だから!愚痴るな!あふぉ

57 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/07 17:16 ID:HdiGrBwz
>>55
こどものことで相談しようと思いました。
だけど久しぶりに時間があってゆっくり読んでみました。
親の私も温清飲は飲んだことがあってでも
治らないのね。なぜかとお医者さんに聞いても分からないらしい
けど、あなたはよく説明すればわかるのじゃないの。
54の説明もなんとなく。力ないなぁ。けど痒みよ。解決したいのはね。
いい、痒みなのよ SAGE


58 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/07 20:00 ID:cer/MdKo
 逍遙散の効能わかりますか?

59 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/07 20:07 ID:GTwVLkjr
>>58
(´・ω・`)つhttp://www.google.co.jp/

60 :58:04/05/07 22:39 ID:cer/MdKo
>>59       ありがd

61 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/07 23:05 ID:U83Mr/mZ
漢方は人それぞれに合うのに時間かかるよね。
とくにアトピーはね。
私も病院行くたびに漢方変わってたしね。
今は自分の合った漢方がみつかってきたので
しばらくはそれを続けてます。3種類飲んでます!
先生も最初はう〜んと難しい顔してました。
あと、ひどい時の写真も撮られました。
今は落ち着いてます。

62 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/07 23:37 ID:GYGK5JaZ
韓国の漢方は韓方と呼ばれてるらしいけど、独自性とかあるんですか?
あの国のイメージからして、イマイチ信用できそうな感じはしないのですが。。

63 :51:04/05/09 23:55 ID:hHSOZkXc
>hoppyさん

それぞれの先生を一通り調べてみましたが、これといった違いが分かりませんでした…
ただ荒波先生はアトピー専門みたいな感じでしたね。花輪先生、村主先生は幅広く研究されてるみたいです。
hoppyさんがあえて一人を推すとしたらどの先生ですか?


64 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/10 03:23 ID:krPl5dZO
かかりつけの医者は消風散(しょうふうさん)と
白虎加人じんとう(びゃっこかにんじんとう)の
どちらかしか出しません。
漢方はもっと種類があるはずなのに・・・。
この二つが特に効果があるのでしょうか?

それと診察は顔を見るだけですぐ終わります。
触診などは一切ありません。
舌なんか一度も見てもらったことないです。
話はちゃんとしてくれるし、聞いてくれもくれますが、
上に書いたように不安になる点もあります。
これは医者を変えた方がいいのでしょうか

65 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/10 09:32 ID:m2IeDxGZ
飲んで良くなってるなら変えなくていんでない?

66 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/10 18:53 ID:A6vGtKiR
>>51さんが、お幾つの方かはもちろん分からないわけですが…。そんなに慎重なのか、私に対しての恣意的な
質問なのか…を今回感じました。
あえての三名です。あとはあなたの選択です。よろしくお願いします。

>>64さんの医師は漢方医ではありません。漢方医、あるいは中医学を修めた日本での医師免許のある医師は
“四診”という特殊技術を駆使して、処方を決定します。というか、
それ以外の方法では処方薬を決められないのです。
つまり、(テンプレートや過去ログを参照されてるとして)“四診合算”の後、、、生薬構成やあなたの養生法において
「これこれが適切」といった判断を下せる手段が“四診”しかないからなのです。それが、ルールなのです。
『黙って座ればピタリと当たる』などという医師がいたら疑うべきですし、
あってはなりません。

どうか貴重な過去のやりとりと、《中医師》さんや《JK》さんの書き込みをよく、参照されることを希望します。

67 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/10 20:37 ID:XWN0goCy
先日、『温清飲』について書かせて頂きました。この書き込みを読まれた、お父さん、お母さん
からメールを頂いているので臨床例をひとつ・・・・
東京都の38歳のママさんから(hoppyが要約しています)
「とりあえず、数値からなんですがIge18.820IU、ダニ、ハウスダウト陽性、花粉、牛肉…陽性〜中略〜
私は胃腸は丈夫な子だと思っていたので、漢方薬に対する不安は全くありませんでした
早くせめても痒みから解放させてやって…という願いのもとに投薬が始まりました
カプセルに包んだ温清飲に二陳湯が最初の処方です
ですが、気分を悪くし再度受診。陰虚が進んでいるという説明を受け少々不振に。〜中略〜
その後、(温清飲+六味丸+紅参末)に転方され現在は二分の一量で落ち着いています。」

実は、54の私の書き込みはこのご夫妻の状況を事前に相談されていたということを踏まえてのもので
あったりもしています。(了解済み)なので、証の流れに応じ、薬方や構成を変えていくのは当たり前!
ということを知って欲しかったという意図もあります。
ですが、エキス製剤が使いやすく、しかも安易に提供されている現状は、多くの漢方家の批判を買っている
ように、臨床の目を曲げかねません。
なぜ、エキス製剤ができたのか?なぜその分量が決められたのか?その歴史を隅々まで検証することに
より、漢方医学や中医学の国内における脆弱さがあらわになります。
それは、windowsのupdataのように簡単にパッチをあてるというわけにはいきません。
老害ともいえる日本東洋医学会の体質が変わるか、変わることができるのかに、
今後若い医師のメンタリティが問われます。6/5に良いお話が聞けますことを・・・・・・

68 :49:04/05/10 22:51 ID:jZ6zbjux
先日温清飲から痒みに重点をおくということで
オウレンゲドクに変わった。
なんかアトピーというとショウフウサンかオウレンゲドクって
感じで安易に出されてる気がするんだよね。
まぁ、しばらく様子見ます。
愚痴ですいません。

69 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/11 00:26 ID:w60uhqLS
hoppyさん、お疲れ様です。
いつもhoppyさんのお話は参考にさせて頂いてます。

今日既出の漢方クリニックに初診で行きました。
腹診するときに足の裏や付け根、腰や背中まで触診。
今までおなかにちょろっとさわる診察しか受けてなかった
のでびっくり。おまけに押されると右半身だけすべて痛かった・・。
四診が必要と言われるのがなんとなく分かったような・・・。

70 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/11 12:41 ID:rGHwH7e3
『消風散』は“皮膚科領域の総合感冒薬”などとも言われていまして、オールラウンドに対応できるようには
できてはいるのですね。熱をさます、余分な水をさばく、痒みを止める、乾燥を潤す…
そこで、アトピーでも最初に処方する医師が出てくるわけで、>>49さんがおっしゃるように
マニュアル漢方では安易に出されている傾向がありますね。

しかし、“病態に応じた加減をする”という技術をもち合わせていないと、いっこうに良くならないばかりか
無効な薬を服用することによる“害”が心配になってきます。
そして本当の証〈正面の証〉が隠れてしまう要因にもなってさらに、治療を困難なものへとみちびいて
しまいます。

「体が発する信号には何ひとつ矛盾などない、体は一つにつながっているのだよ」とその昔、高名な
漢方医が私に語ってくださったことがあります。「この薬で治るんだろうか?駄目なんじゃないか」という
気持ちを抱えていることは、大きく治療の妨げになります。
病人に不安感を抱かせるような医師に、大切な時間とお金を使う必要はまったくありません。
迷い道を不安に進むより、引き返して違う道を選択することのほうが、ゴールには近いように思うのですが…

71 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/11 12:42 ID:rGHwH7e3
背診とは懐かしいですね。(私が子どもの頃は西洋、東洋問わず背中に触れられたものです)
今70歳〜80歳代の漢方医でもやってらっしゃる先生は少ないという印象がありますね。
背部側にある内蔵の反応や、背骨などの歪み、背中にできている発疹など、得られる情報は
まだまだあるということです。足首なども浮腫のチェックにはかかせないのですが、実行している
医師はどのぐらい…?
病人としては(必要か不必要かはともかくとして)あれこれと診ていただくというのは安心し、
うれしいものです。
きっと、>>69さんも気持ちのよい帰り道であったのではないでしょうか。
背診について北里研究所東洋医学総合研究所の花輪所長が自著の中でこんなことを語られています。

『「背中を診る」とは、その患者の「後ろ姿を見る」ことである。向き合って話を聴いている時には
感じない「何か」をふっと感じることがある。』

72 :49:04/05/12 20:19 ID:fFykuiWQ
先生から電話でどうですか?って聞かれたので
オウレンゲドクにしてもまったく痒みも何も改善されないと
言ったら薬を変えてくれるらしい。


73 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/13 20:21 ID:sVh/A9zf
今までエキス剤だったんだけど、どうも効いてこないので、
煎じデビューしました。
生薬が思いのほか、かさ高いのにびっくり!すごい量なんだなあ。
味はまあ苦いけどそれはガマンできそう。
でも毎日煎じるのにくじけそうな、超モノグサの私。
やること自体、火にかけるだけではあるんだけどね・・・
生薬を、だしパックみたいな不織布の袋にいれて煮出しても、
別にかわりはないですよね?

74 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/13 23:04 ID:NYdHF7eR
煎じ薬はキッチンタイマーが大活躍、よく焦がすから・・・。

75 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/13 23:52 ID:sFN1CRzc
>>73
俺も超モノグサなO型なんだけど煎じ器買ってから気持ち的に楽になったよ
タイマー式だから煎じてる間も他の作業に打ち込める
焦がしたら後の掃除が大変だからその心配が減ったのも大きい

76 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/14 11:27 ID:RwR6c+zX
エキス剤の服用における簡便性はない煎剤ではありますが、吸収がよく効果も早いので
体に合うのか、合わないのかの判断もしやすく薬力も不足なく得られます。
漢方医学の診療所や薬局(調剤も)ですと、「水600cc→300ccになるまで煎煮してください」との
指示がほとんどですが、この方法ですと方剤の全体量によっても煎じる時間がかわってきて
しまい、有効成分を十分に得られません。本来は、個々の生薬で煎煮時間を変えなければ
いけないのですが(先煎、後煎など。過去スレ参照してみてください)漢方医学ではその
ような指示もないので(中医学は大げさだと言う医師も…)検討を必要とします。。

77 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/14 11:29 ID:RwR6c+zX
中国医学系の薬剤師さんとその昔、検討した(先煎、後煎など気にせずに)有効な煎じ方を参考までに…。
煎煮容器(鉄・銅製品は駄目です)に生薬を入れ、2倍くらいの量の水を加えてから加熱します。
(加熱する前に30分ぐらい浸しておくとなおよいです)
沸騰後は火を強すぎないようにして、20分ぐらいかき混ぜながら煎煮します。
揮発成分は長い時間をかけると飛んでしまいますのでこのくらいで十分です。
(長めに煎煮したほうがよい補益薬にも対応できる時間です)
火から降ろしたらすぐにこし、薬液を1日2回から3回に分けて飲みます。(血中濃度を一定に保つように)

要点は煎じる時間です。長すぎれば揮発成分(精油成分)が飛んでしまい、短すぎると有効成分が
よく溶出しません。また、>>73さんの場合のように、不織布で包煎するように(楽なように)気をきかせて
くださる薬剤師さんもおりますが、熱湯の中でクルクルと生薬が泳いでいるほうが溶出度は高いのです。

とにかく楽なのは、>>75さんがおっしゃる〈煎じ器〉でしょう。茶こしの付いてるタイプもあります。
(ウチダ和漢薬の《煎治》)これなら、不織布にくるまなくても掃除が楽です。
あとは、栃本天海堂の《文化楽々*とろびらんらん》《文化*とろび》が有名です。
1万円〜2万円ぐらいで購入できます。
長くつきあうことになるかも知れない漢方治療ですから、奮発して買ってしまうのもよいかと思います。
ちなみに私は《煎治*せんじ》を使用しています。水の量にもよりますが、タイマーをだいたい40分
ぐらいに合わせて(沸騰までに約15分)スタートし、「チンッ!」となるまで香りを楽しんでいます。。

78 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/14 18:03 ID:8JblWgT4
アトピーではないんですけど、漢方治療を受けてるので
このスレを見てます。山田光胤先生の話が出たので、自分の
体験談を書いておきます。山田先生には会ったありませんが、
息子さん、弟子の方の診察を受けたことがあります。その中で、
「良いかな?」と思えたのは杵淵先生です。でも、この先生は
精神科系が得意みたいですが。

79 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/14 18:17 ID:Z1wNlNLu
今かかっている漢方医は
初診では四診を行っていたのですが、2回目以降は
脈拍 舌 腹 首 を見るのみにたっています
薬も3ヶ月以上ほとんど同じですが、このまま通いつづけてよいのでしょうか?
症状自体は徐々に良くなっているのですが、どうもそれが漢方のおかげとは思えないんです
毎年この時期は湿度が高くなり、徐々に良くなっているため今年もそれでないのかと

80 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/14 18:45 ID:R+fDze44
>>79
ん?それは四診やってるようなもんじゃないの?
望診も切診もやってるじゃん。
聞診もやってないとは判断できないし。
話をまったく聞いてくれないということ?
あとは何をしてほしいの?

81 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/14 18:47 ID:/IDe1llK
hoppyサン31です☆先週M医院に行ってきました。先週処方されたのとは違い今回はツムラの小柴胡湯と五淋散とカッセキを調合した漢方を貰いました。リバウンドで辛いですが少しマシになってきてるし先生も薬剤師さんもとても親切なので漢方を続けていこうと思います☆

82 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/15 11:55 ID:HV4Yruyd
>>81 >>31さん
M医院では煎じ薬ではなく、エキス剤での治療を受けていらっしゃるのですね。
生薬末も多く取りそろえてあるようなので、煎じとまではいかないものの細かい調整が可能だそうです。
薬剤師さんも中医学の勉強をよくされていて、相談できるので心強いと知人も話していたことがあります。
とりあえず良いスタートのようで、私もうれしくおもいます。相性も大丈夫そうですね。
リバウンドでお辛いとのことですが、少しずつ治癒に向けてよくなりますように…。

83 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/15 14:57 ID:SMXXNSbD
今日始めて煎じ薬っての貰ったけど、蝉の殻って何だよおい・・・
俺ただでさえ虫駄目なのにこんなの飲めないよ(´・ω・`)
それに薬作るのに1時間もかけてらんないし。
我侭だけど医者に言ったら他の薬に変えてくれるかな。

84 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/15 22:13 ID:eOn+WP3K
アトピー本気で治したいなら、飲んでみればいいんじゃないの。

85 :銭湯 ◆3xrRNNF/5A :04/05/15 22:30 ID:jdEmet8k
>>83さん
漏れは、処方の中に石膏が入ってて、
ギブスしか想像できずに焦りました。
でも、煎じたら中身は何かわからないし大丈夫(w

煎じるのが面倒なら、煎じ器買ったらどうかな?
漏れは30分くらいなので、キッチンタイマー使って普通に煎じてます。
読書の合間にちょうど良い感じ。

86 :83:04/05/16 01:36 ID:cdVWWGQr
飲んで・・・反射的に吐きました。がふって感じで。
見た目からやばかったけど苦さをなめてたよ。

まあなんとか頑張って飲んでみようと思うんだけどちょっと質問いい?
医者には1日2回食前って言われてるんだけど、1回分の量(800ccから煮詰めろと言われた)
をとてもじゃないが一度に飲めない。
1日に合計で指定分を消費するって形でも大丈夫かな?

87 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/16 06:05 ID:3Ddm13QD
だいたい800ccから半分くらいになるまで
煮詰めた物を1日2回なら2回に分けて飲むものだけど。
800ccも飲むことなんてまずありえないよ。
せいぜい一回の量は100ccくらいじゃない?

土瓶に水を入れて漢方入れて強火で沸騰したら
ふたをずらしてとろ火で30分ほど煮詰めれば
だいたい半分の量になるよ。

88 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/16 13:59 ID:BZy+IiU8
そうそう。
初心者なんだからもっとちゃんと説明してやればいいのにな。

89 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/16 16:02 ID:hC2NcElb
銭湯 ◆3xrRNNF/5A
ほかでやってね自作自伝はねー  わかりやすいから君の
marutiは有名.あとぴじゃねーよちみは.きっと汁だしてネロ


90 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/16 16:23 ID:hC2NcElb
もてないしとはジュクジュク常識ねー
ちみは.ランキング再開よねー分かりやすいね.
かんぽういらないから自由によー 不吉おみくじやーね見え見え.たれ
くじ引くのは.ちみよばいばいばい

91 :銭湯 ◆3xrRNNF/5A :04/05/17 10:54 ID:gYdTU81U
なんか叩かれてるみたいですね、漏れ。
自作自伝らしいんで、しばらくは決意スレに引き篭もります。

92 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/17 20:15 ID:5A4Vkcuz
叩かれてるというか君の行動はいやがられるのではないのかい
漢方でもなく亜鉛でもなく水毒でもく決意でもなくね
漢方にかんしては専門てきなひともいるし皆.賢いのでね
しかも昔から充実してるのでね〜
じゃ.またね


93 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/17 20:29 ID:X/ZnZcoC
漢方って高いよ〜


94 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/17 21:06 ID:2Fb7zzNO
銭湯さんのどこがいやがられるのか、まったくわかりません。
気にしないでいいですよ〜

95 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/17 21:13 ID:Ym9ymWQ7
その人の事はよく知らんけど、
>漢方でもなく亜鉛でもなく水毒でもく決意でもなくね

これは別にいんでないの?
治すために色々やってみたり、色んなスレに出入りしてても
問題ない。
まぁ人間性に問題あったらなんだけどさ。


96 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/17 22:24 ID:4HYra2tj
どなたか、名古屋の河野漢方薬局についてご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか?

97 :73:04/05/18 15:09 ID:pdiSRgBG
先日煎じデビューした>>73です。
みなさんレスありがとうございました。
ちょっと専用煎じ器買うには財政的に厳しく(w、
キッチンタイマーを活用して、快適に煎じライフのスタートをきりました。
hoppyさんがティーバッグ方式よりもそのままのほうが溶出度が高いと
教えてくださったので、そのようにしています。
で、まだ5日ほどしかたってないので、漢方のせいではないかもしれませんが、
少しよくなってきました!
首から肩、デコルテのあたりが、真っ赤でがさがさでコナコナだったのですが、
それが少しましになってきています。
このままよくなっていけばいいなあと期待しています。

98 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 15:13 ID:h8x2jZoT
ヨカタネ

99 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 18:12 ID:4pKWpdtA
みなたまされてるよー
HOPPYはうそつきね.あのひと言った医者みな
やぶねー.ひどくなてる
だまされてはだめよーパクでも溶かしてもくすり変わらないこと.
イイ漢方はね金持ちしかなおらないねー.生薬いうでしょ
品質よ.貧乏でそりょくしないのがHOPPYみたいなしとよ
いいきにあると皆死ぬ.
たまされたらため.このスレうそつきぱかり.
目開かないとため.絶対.中国の師匠が生きる人を直す力ね.
コテハンはひとをたます.信じらたためよ.真剣にいいう
HOPPYも銭湯もためよ.うそつき死ぬ


100 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 18:17 ID:R38Il5XK
>>99
その前に、その変な日本語どうにかしてください

101 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 18:50 ID:4pKWpdtA
_その前に、その変な日本語どうにかしてください

ぽくらが真剣にいていることはHOPPYうそつくこと.
日本語だからたまされる.
真剣留学生たからほんとの漢方伝えるのから.HOPPYの医者でみな苦しむ
藪 やぶ?たからね
いい薬使うことがなおること.HOPPYは勘違いみたい .
たます 直るは違う嘘つき死ね.アトピ直したいひとコテハンにたまされる
からばか.考え持 良人生



102 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 19:26 ID:g8vXQwo6
困ったもんだ・・・。

103 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 19:30 ID:MsvsLHhQ
>>102
じゃああなたの言うヤブじゃない医者を3人挙げてください。
ついでにいい生薬とはなんぞやをわかりやすく教えてくれ。

104 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 21:40 ID:UV0NOXsu
ぽくら真剣よね.たからゆう.103>常識よあなた.スレよんでない
ぱかね.HOPPYがゆうてる医者ぜんぶね.
3人てなにHOPPYは全部ゆたねー.話見ない人愚.皮膚ぼろぼろよ
なぜHOPPYの医者にゆくか.理解てきないからかね.
よい薬は日本の薬局にはないい.
いいものを産地がうけいれないとねー
いい話はHOPPYのような低脳とする大きさね.漢方知らないぱか
はいらんのねー.小心hoppyててきてぼくとはなしないかも.

105 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 21:44 ID:pdiSRgBG
>>104
とりあえず、あなたの望みはなんですか?

106 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 21:56 ID:UV0NOXsu
_とりあえず、あなたの望みはなんですか?

あなたぱかか?HOPPYが謝罪すればいいこと>105は遊び.
ぼくらはちがう>めぐまれなくてもよい医者してるからHOPPYはうそいう
友は皮膚ぽろぽろでたまされる.うそぱかり書くないう友のはなし
みな信じてたまされた.信じないで.苦い大切でも同胞だますはよく
ねいてすから.つらいことが漢方にききますか


107 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 23:04 ID:R38Il5XK
とりあえずUV0NOXsuはスルーか無視リストに入れてください

108 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 23:15 ID:SlItNBb9
_とりあえずUV0NOXsuはスルーか無視リストに入れてください
話すこと苦手いいやても無視それは何.
バカにするのも困るくらい失礼けど.ぼくはまじめに話してるのに
なぜ無視をいうのか.HOPPYの医者が悪いことをいうてるたけからね.
それを認めないとのことや同胞がやてる卑劣な行為はみられないから
言うのだから.それもいけないあれもいけない じゃどこで話をすることの
場所がありますのか.失礼よ

109 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/18 23:58 ID:GHbS5LLc
仕事の時間.まつことの時間をこえるかもしれないからね.
HOPPYは卑怯 ひきょう?でてきて話することが大事.からそれ
しない.またいうようそつきはためから死ぬて.
がかりしたよ.電気無駄ね許して次ぎ帰るから.卑怯ものは
かえてくるな.

110 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/19 00:36 ID:PF3GNIoi
ここは漢方の話をマターリする場所です。
煽るのが目的ならよそへ行ってくれ。

111 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/19 14:51 ID:BCcS4bwK
基本どおり、アラシは無視で行きましょう。

112 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/19 23:29 ID:gyxJcYDn
放置しとけ

113 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/20 17:07 ID:DAW1RrI3
掲示板で個人的なお話を書き込むことはよくないことと思いますが、私の父が他界しました。
彼は、私が生薬や漢方医学にかかわりながらも、西洋医学では見捨てられてしまった皮膚病を
漢方薬での治療を選択し、ここまでやってきました。(彼の妻である私の母も漢方治療を実践しています)
しかし、紹介した(生意気ですね。会ってみたらどう?という言い方だけで。今回後悔)
医院ではすでに癌だということが判明しており、あらゆる方剤を駆使しても無理だという解答でした。

ここで、おかしいのは対応が困難だということです。柔軟な医学である漢方医学が、否定を受けることを選択する。
私は父が選んだ医師だから「好きなようにしてください」としか話をすることしかできませんでした。
そもそも、西洋医学を習得し漢方に進んだ医師の中で、どうも生薬学がわかっていない。
いくらでも補益できたはずなのに…
悔やみますが彼の選択であり、私が皮膚病で苦しみ西洋薬をいまだに憎むこと(私怨)が家族の判断を
鈍らせてしまったのかもしれません。

なぜこのようなことを書いたかというと、やはりどこかで私の「大丈夫ですよ、皮膚を診てもらって漢薬を服用
してください。そうすれば治る」という、信じていることへの医療の押しつけ(わたしのエゴ)が、
信じて実践してもらっている方に、満足な答えがでていないからなのでしょうか?
なるほど、“死ね”“卑怯”などの書き込みを受けても私はしかたないのかな。と思いました。
しかし、私は皆さんに対し悪意もなくただ、「皮膚が痒い、痛い、浸出液でつらい、化粧もできない、着たい服も
着ることができない、好きな髪型にもできない」せっかく生まれてきて、普通にできることができないことに
憤りをかんじ意見を述べたり、お医者様の名を書いてきました。

私は、私や私の家族、そしてアトピーやあらゆる皮膚病で悩み苦しむ人たちのために、仕事やボランティアを
つづけます。
できれば私の何が、そんなにあなたを怒らせるのかぜひ、伺いたいです。
私はただ、ただ、痒いのが大嫌いです。。

114 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/20 21:09 ID:Guczdadp
正直hoppyさんの文はとても読みづらい。
理解しづらいと言うか。結局何が言いたいのか?と思ったりします。
もっと単刀直入に、と言いたくなる。
こんな時に言ってしまってごめんなさい。
でもhoppyさんの書き込み自体はいつも参考になりますし、
なるほどと思うのでもっと書き込んで欲しいと思っています。

お父さんの事はご冥福をお祈りします。

>信じていることへの医療の押しつけ(わたしのエゴ)が、
>信じて実践してもらっている方に、満足な答えがでていないからなのでしょうか?
これと、
>なるほど、“死ね”“卑怯”などの書き込みを受けても私はしかたないのかな。と思いました。
これの関連はちょっと急すぎ。
上のは誰が見ても荒らしが書いているとわかるし、
他の人は誰も気にしてないしhoppyさんを責めていないでしょう。
辛い時なのはわかるけど、わざわざどうでもいい事を背負い込まないで下さい。
確かにネット上とは言え「氏ね」言われたら苦痛だとは思いますがね。
ここで真面目に漢方に取り組んでる人はhoppyさんのレスを
心待ちにしてる方が多くいます。
あまり気落ちしませんように。

115 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/21 10:43 ID:6GQi/3rH
このスレでhoppyさんの書き込みは重要ですこれからもぜひお願いします。
僕の母も癌で死にました。本人は抗癌剤がつらく同じ病室の方々も多臓器不全などで亡くなっていく中で抗癌剤での治療をやめて漢方に切り替えました。
しかし結果的に癌の増殖を抑えることが出来ず駄目でした。
けれど僕のアトピーは漢方を使うことによってかなり軽減されています。ステロイド剤使用のときとは雲泥の差です。
そのため最近は漢方は万能ではなく病気によって西洋医学、漢方を使い分ける必要があることを実感しています。

なんかに書いてるのかわからなくなってきましたけどhoppyさんもつらい時期でしょうががんばってください。

116 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/21 13:02 ID:SpTKtWlN
読みづらいという>>114さんの適切な指摘。実は後々私も自身の文を読み返したときに
「何をいってるのかこれではわからないなぁ」と感じていたことでもあります。
少々いい訳をさせてもらいますと、実際の書き込みの倍以上文章をかいており、小さくまとめようと削る段階で
文章どうしの結合がうまくいっていないということがおきています。文章表現力のなさに、さらに輪をかけるもので
気をつけてはいるのですが、書いているその時は思いこみもあって良しとなってしまうのかも知れません。
なるべくそういうことのないように注意していきます。ありがとうございました。
また、優しい言葉をかけてくださり感謝しています。医師でも誤解の多い、漢方薬治療について
“知って欲しい真実であろうこと”をこれからも書いていきたいと思います。

癌治療の中で行われる化学療法は“寫”の力が大きく、体力(気)を奪っていきます。漢方薬で気を補う
ことにより、つらい化学療法もうけやすく体も随分と楽で延命も期待できます。
しかし、服用量は大切で必要最小(適量)をドカーンと投薬しなければ、癌治療でも対抗できません。
健康保険の縛りもあって本当に病人にとっての必要量が与えられていません。
今回は補中益気湯での最後でしたが、もっとどっさり飲んでいればなぁ、と思いました。医師の能力や
施設の問題、病人の意志も複雑にからんで、こちらはあまり気持ちのよいものではありませんでした。

>>115さんは漢方薬で、アトピーが軽減されているとのことですね。私もうれしく思います。
おっしゃるとおり、東西両医学、それぞれの得意分野を適切に併用することで、難病に対する未来も明るくなります。
ですから、漢方医学も“四診”だけにとどまらず、あらゆる診断法を使いこなして、正確でより深い“病態把握”に
つとめなければ、現代の複雑な病にはかてません。もちろん“四診”は基本であり、大切なものです。
しかし、それは原始的で幼稚な診断法(五感に頼る)であるという弱い側面も持ち合わせています。
高価な診断機器や検査技術もあわせていくことで、適応する生薬構成の精度も高まるはずです。
それから、暖かい言葉をいただきましてありがとうございます。零細オフィスも来週から通常業務です。
踏ん張っていきます。

117 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/21 18:23 ID:he9muhdw
《再び瞑眩*めんげん について》吉益東洞(1702〜73)万病一毒説〜

前スレでも書かさせていただきましたが、瞑眩についてメールを頂いたりしていますので、
大きな誤解を解きたいと思います。(前スレに詳しくかきましたが、参照してください)
最初にはっきり申し上げますと、もう瞑眩などない!と思っていっこうにかまいません。

瞑眩だからとご自身の投薬を正当化する医師、薬剤師はもうやめていただきたい。
吉益自身が梅毒を治すために、水銀などを使い過激な治療をし、正当化したいがために中国の古典を
ひっぱりだしてきただけなのです。(用語をです)
もともとは頭がくらくらして、目もあけていられない症状を指すことばが、“瞑眩”であり、あらゆる症状が
癒えるまえのひどい不快な症状を指したわけではないのです。
吉益はそうやって、患者をなだめ(騙し)「瞑眩しないと治らないよ」と吹聴したのです。

日本東洋医学会の名誉会員という大ボスたちが、これを言い続けるかぎり、若いドクターがそれを信じ、
誤投薬による症状を「瞑眩がきた!治る前兆だ!」と思ったとしても不思議ではありません。
その弊害を受けてしまうのは病人である、私たちです。
私たちがくだらない歴史に騙されぬよう、歴史さえも見据えていかなければいけないのが、漢方医学を
受けるときに悲しいかな起きる、お粗末なところでもあります。

しかしながら激しい抗病反応のすえ、症状が軽快していくといったことがあることも否定はできません。
でも、それは短期なことで、治癒機転がプラスにスイッチが入ったと考えたほうが納得がゆきます。
もう“瞑眩”など捨ててしまったほうがよい死語であり、この言葉を唱え続けなければ商売(医療)が
なりたたない医師・薬剤師の存在は迷惑でしかありません。

“瞑眩”とは一人の大昔の医師が正当化したいがためにもたらした、現代では通しない“エゴ”である歴史語です。
まったく通用しない、検証を必要としない名残です。

118 :JK ◆gGeOuoKNWk :04/05/21 18:57 ID:fYjGOiYP
メンヘルの漢方スレです。なかなか参考になります。

hoppyさん、感謝しています。気落ちなさらないで。

漢方について語る
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/utu/1054422962/l50


119 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/21 20:08 ID:7bhPaIsQ
ショウフウサンにしてから痒みが倍増した、、、

もう絶望的だ。

120 :114:04/05/21 20:50 ID:9HzOseJI
>実際の書き込みの倍以上文章をかいており、小さくまとめようと削る段階で
>文章どうしの結合がうまくいっていないということがおきています。

そうだったんですか。
それならば114の書き込みとは矛盾しますが、
私などは長くてもそのまま書き込みして頂ければなぁと思いますが。
その方がきっとわかりやすく書かれているんだろうし、
出来るならもっと色々な事や掘り下げた事も聞いてみたいと言う
気持ちもあるからです。

121 ::04/05/21 21:35 ID:N87+lGoO
こいつじゃねーの.嵐.コテにからむやつ.pupupu.

122 ::04/05/21 21:35 ID:7UXXSGA5
こいつじゃねーの.嵐.コテにからむやつ.pupupu.

123 :名無しさん@まいぺ〜す:04/05/22 16:04 ID:J9v4G08h
短い文章でも特徴って表れるもんだよね・・。

124 :hoppy ◆pdAc4wH5d. :04/05/22 16:11 ID:7d81IYEL
>>118 JKさん、ありがとうございます。
>>120 114さん再度、レスをありがとうございます。私だけのスペースではないわけで、
長文も迷惑かなと思う気持ちもあります。なるべくコンパクトにわかりやすい文章を心がけます。

>出来るならもっと色々な事や掘り下げた事も聞いてみたいと言う
>気持ちもあるからです。
というお話ですが、私でよろしければいつでもお尋ねください。毎日見ることはできませんが、
お答えできることには必ずレスをいたしますので。
いろいろとすみませんでした。

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)